せんせい

下校時、笑顔で手を振りながら帰って来た娘を見て、心底ホッとしました。

小学校の担任の先生を筆頭に、お稽古事含め、どの先生も大きく深い愛情を持って、娘に接して下さり、時に私にもきめ細やかなアドバイスを下さいます。年齢的にもまだまだ手取り足取りのお稽古ばかり、先生方は労力を惜しまず、丁寧にご指導下さいます。素晴らしい先生方に支えられていることに改めて感謝をした今日でした。

昨日は不安だらけの夜でしたが、今日はたくさんの愛情に包まれて、豊かな気持ちで眠ることが出来そうです。

乗り越えて行く力

私達、親が娘に授けられるものの一つ、それは経験に基づいた知恵。あなたは一人じゃない、一緒に乗り越えていこう。人生の波はまだまだこれから!!経験が一つずつ、成長させてくれるはず。

 

親を悲しませたくないと我慢し、ついにその容量を超えた時、大粒の涙を流した娘。話をして、泣き止んで、「もう大丈夫」と言い、その後、いつもの笑顔で、いつも通りに過ごした娘。おやすみなさいと言って、すぐに寝た娘。すごい、強い!!

 

心配だけど・・・でも、信じて寄り添っていこう。娘の初めての経験は、私にとっても母として初めての経験。いつも隣にお母さんがいて、大丈夫だよ、と言ってくれれば、きっと心丈夫なはず。明日は笑って、学校から帰って来てくれます様に。

 

 

お口直し

こってりとラーメンを食べた後のお口直しに、学校から帰宅した娘に「アイスクリーム食べに行こうか?」と声掛け。「わ〜い!!絶対に行く!!」と喜んでからしばらく「眠い~」などと言いながらダラダラしていたのですが、やっと腰が上がり、さぁ出発!の段になって、私は友人から電話が。

 

すると娘が「やっぱりクレープがいいなぁ、お母さん、最近行ってないし、おねがぁ〜い♡」と言い出した。あの高級クレープを食べたいと!?ランチよりも高くなるあの特別に美味しいクレープを食べたいって!?こりゃえらいこっちゃ!!「お父さんにおごってもらいぃ〜。」と朝からの通院でかなりの額を使った夫に言い放ち、「この鬼っ!!!」と返され。。。でも私は良きタイミングでの電話♪夫に娘を託し、二人でお店へ行ってもらいました。

 

結果、イチゴチョコクレープをおいしぃ♡とほっぺに手を当てて喜びながら完食し、ストロベリージュースも完飲。一口ももらえず、夫はコーヒーを啜っていたそうです。私が渡したお金ではもちろん足りず、夫がお小遣いから補てんしてくれた様でした。とってもとっても美味しいクレープのお店、また私も行きたいわ、たとえ鬼と言い放たれても、奢って欲しいなぁ、ししし。。。

 

 

 

北山時代から愛してやまないクレープのお店、素敵なマスターとマダムが優しく迎えて下さいます。

 

MOCK(モック)さん

http://tabelog.com/kyoto/A2601/A260503/26024004/